令和二年夏越大祓について

毎年6月の晦日に斎行している夏越大祓についてですが新型コロナウイルス感染拡大の対策として例年とは違う形で執り行う事と致します。

①参列という形はとらず神事の見学をして頂きます。

②全8回に分けて斎行いたします。

(10時・11時・13時・14時・15時・16時・17時・18時)

③茅の輪潜りは各自でお済ませ下さい。

④形代は所定の箱に事前にお納め下さい。

⑤例年、大祓に合わせて行っている講話は致しません。

⑥拝殿内での神事ではなく社殿外の庭上祭祀と致します。

三密を回避すべくこのようなかたちでの斎行となりました。ご理解・ご協力の程宜しく御願い致します。

緊急事態宣言解除後の対応について

緊急事態宣言解除後(6月1日から)の体制について以下の通り変更いたします。

①窓口

8時30分〜16時00分

②人形供養

9時00分〜15時00分

③祈祷

9時00分〜15時30分

・30分毎の10分前締切

・昇殿は祈願主本人または児童以下並びにそのご両親まで

④施設の開放

・待合所は当面閉鎖致します。

・御手洗いの開放場所を制限致します。

状況によって変更となる事もございます。ご不便をお掛けしますがご理解・ご協力の程宜しく御願い致します。

人形供養祭(令和2年6月7日)中止のお知らせ

緊急事態宣言延長の方針をうけて新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、令和2年6月7日に予定しておりました人形供養祭は中止と致します。中止に伴い、当日の人形の受付も停止致します。これまでにお納めいただいた人形については日時非公表の下、神職のみで祭典を執り行い後日、ご報告申し上げます。

一刻も早くコロナ禍の終息と皆様の健康や安全を最優先すると同時に、外出自粛などの感染拡大防止策の重要性をお伝えできればと考えております。
何卒、御理解・御協力を頂きますようお願いを申し上げます。

人形供養祭(令和2年6月7日)について

【追記:新型コロナウイルス感染症対策】緊急事態宣言発令に伴う変更(窓口時間等)

新型コロナウイルス感染症対策について

人形供養祭(令和2年6月7日)について

毎年6月の第一日曜日に斎行しております人形供養祭についてご報告申し上げます。ご存知の通り世界規模で新型コロナウイルス感染症の拡大が続いております。当社においても社会組織の一員として拡大防止にできる限り協力していく所存です。現時点で検討中の斎行方法を予めご報告致します。

①人形供養祭(令和2年6月7日)当日の人形の受付は致しません。事前にお持ち下さい。またどうしても今年でなければいけない事情がない限りは事前持ち込みもお控え下さい。

②祭典への参列はできません。神職のみで斎行致します。

③後日、祭典斎行の報告をHPで致します。

 

以上の形で斎行する予定です。あくまで4月22日時点での検討段階でございます。今後、状況の変化によって変更する場合もございますのでご理解の程お願い致します。また通常の窓口業務も大幅に変更しております。下記リンクをご確認下さい。

新型コロナウイルス感染症対策について

【追記:新型コロナウイルス感染症対策】緊急事態宣言発令に伴う変更(窓口時間等)

【追記:新型コロナウイルス感染症対策】緊急事態宣言発令に伴う変更(窓口時間等)

緊急事態宣言が発令された場合に以下の変更を追加致します。

・窓口時間を9時半から16時までに短縮致します。

・通常の職員の人員を3割減で御対応致します。

対策の詳細については前回のお知らせに記載しております。ご参照下さい。

ご理解の程お願い致します。

新型コロナウイルス感染症対策について

人形供養祭(令和2年6月7日)について