厄除

厄年は古来から体力的・社会環境的に転機を迎える時で、厄災が起こりやすい時期として、忌み慎み十分に気をつけた生活が必要といわれています。
年が明けたら、なるべく早いうちに神社にお参りして、厄祓いをうけてください。

男四十二歳、女三十三歳を大厄と称し、その前後の年も前厄、後厄として、もっとも慎まなければならないといわれています。

また、幼児期の一歳、四歳、七歳、十歳、十三歳、十六歳ならびに、女性の四十二歳、六十一歳も厄年に準じて注意が必要な歳とされています。

令和四年 厄年早見表

年齢は数歳になります

男性

厄年 前厄 本厄 後厄
25歳の小厄 平成11年生 平成10年生 平成9年生
42歳の大厄 昭和57年生 昭和56年生 昭和55年生
61歳の小厄 昭和38年生 昭和37年生 昭和36年生

女性

厄年 前厄 本厄 後厄
19歳の小厄 平成17年生 平成16年生 平成15年生
33歳の大厄 平成3年生 平成2年生 平成元年生
37歳の小厄 昭和62年生 昭和61年生 昭和60年生

令和四年 八方塞早見表

(五黄土星)

大正12年生 昭和7年生 昭和16年生 昭和25年生
昭和34年生 昭和43年生 昭和52年生 昭和61年生
平成7年生 平成16年生 平成25年生 令和4年生

赤字の年にお生まれの方には、厄除の御祈願をお奨めします。

人生の節目(結婚・就職・転居等)で八方塞の方は、方位除のご祈願をお受けください。

乳幼児にも厄年・八方塞がありますが、初宮詣・七五三のお祓いをお受けになっていれば、御神符の守護があります。

厄除のよくあるご質問 一覧に戻る